不動産

ラグジュアリ―・ホーム(高級物件)取扱いエージェント

2018年3月8日

 

 

 先日、ハワイプリンスで行われたラグジュアリー・ホーム売買取扱いスペシャリストのセミナーに参加してきました。このセミナーでは通常の物件と高級物件の取り扱いの違いや、マーケティングポイントの違いについて、その他高級物件の傾向など、午前、午後9時間のセミナー。。。長いのはいいけど、ホテルのボールルーム寒い!!ブランケットを持参したのはいいけれど、これかけるとまた気持ちよくてピョンチャンオリンピックのスケートの宇野選手のインタビュー時のように目が、、、、閉じかけてくる瞬間を何度も克服しながらのお勉強会でした。
基本となるのは、まずラグジュアリー・ホーム(数億円~)という物件を購入するバイヤー様たちのライフスタイルをよく知ること。高級物件を取り扱うに値するエージェントは彼らの求めるもの、快適と思えるレベル、建築、インテリア、デザイナー家具、その他を知り尽くして、売買がよりスムーズにいくようにお手伝いする必要があります。
しかしながら、これはあくまでもお客様の扱いを高級に買えるという意味ではなく、ラグジュアリー物件に関しては通常物件とは違うセールスポイントがあるためにそれを理解してすべて説明できるように理解をしておく、またお客様のニーズの種類が異なるという意味ですので、ご理解くださいね、、、。
私個人的にはラグジュアリ―ホーム、通常のお取引にかかわらず、常にその先にあるクライアント様の期待のその向こうまで見据えて接することが基本です:)

 

ラグジュアリ―・ホームは購入者のターゲットももちろん狭いことから、売却までに時間がかかります。
この表から見ると、1ミリオンの物件が40日で売却が成立しているところ、3ミリオンになると平均182日(4-5カ月)かかるということがわかりますね。

 

1)貸した場合も家賃を高く取れる。
2)競争が少ない
3)個人的な満足感
4)物件の価値が多少の経済の浮き沈みにそれほど影響がない
5)ステイタス(他者からの評価)
などが挙げられます。
通常の物件購入が実用的であることが主なポイントになるのに対し、このような超高級物件はそれに比べてアート的な部分が多いのと、物件としてのキャラクターが濃いといえますね!その辺はフェラーリなどの高級車も同じですね:)
この部類の物件の取り扱い方、まだまだ学ぶことも多そうです、、、。

 

-不動産

© 2024 Nanaloha Blog Powered by AFFINGER5